メクリアジのサビキ釣り(船)に行ってきました。釣り方のコツや仕掛け

メクリアジ釣り
メクリアジを狙いに

メクリアジを狙いに船サビキに行ってきました。釣り方のコツや仕掛けなんかを紹介。前回は半夜のアジ・メバルのリレー便だったのですが、今回は朝の鯵ショート便でお世話になったのは太丸さん。ポイントは神戸空港や和田岬の近くの水深13mぐらいのところでした。

目次

メクリアジとは?

メクリアジ釣り
メクリアジ釣り

3月に入りまとまった釣果が見られるようになったアジ。最近のやつは型も良く30cmオーバーの尺アジも結構釣れてます。いつも行ってるこのアジ、別名「メクリアジ」と呼ばれていて須磨沖や神戸沖で釣れたブランドアジ。

メクリアジの皮をめくってる図
メクリアジの皮をめくってる図

といってもスーパーで見かける事もないので「メクリアジ」に明確な定義があるかどうかは分かりませんが、皮下脂肪が凄すぎてペリっとアジの皮が簡単にめくれるところから名前が付いたみたい(実際は他のアジと皮のメクリやすさはそんに変わらん気もするけど)メクリアジは尾っぽや体が黄色っぽいので「黄アジ」とも言うみたい。

尺メクリアジ
尺メクリアジ

メクリアジは個人的な感覚でいうとアジとしては国内でも最高に美味い部類だと思います。身は脂ギットリなのですが、食べた感じはそんなにしつこくないし身の旨味が強いので、刺身やフライ、ナメロウや塩焼きなど、どんな食べ方をしても絶品。メクリアジは初夏に釣れたモノが脂ノリが良いってことですが、現時点(3月)に釣れてるやつも内臓脂肪たっぷりです。

メクリアジの釣りシーズン的には、3月4月からスタートし初夏ぐらいに最盛期を迎える感じです。ちなみに2末や3月初旬に釣れたメクリアジを捌いていると、何匹か抱卵個体もいたので、2月〜4月ぐらいに産卵するのかなと思います。初夏が脂ノリが良いっていうのは、いわゆるアフターってやつで、産卵から回復した後のアジだからです。

メクリアジのタックルや仕掛け

仕掛け

メクリアジの仕掛けやタックル
メクリアジの仕掛けやタックル

メクリアジの仕掛けはアジ用サビキ仕掛けを使います。30号のオモリ付き鉄カゴと5本針のアジ用サビキというシンプルなモノ。針のサイズは6号〜9号ぐらいで、鯵のサイズが良い時は針8号でハリス1.5号ぐらいが良いです。大鯖が多い時はハリス2号ぐらいあった方が切られないです。ただし、ハリスが太いとアジの喰いが落ちる場合があるとのこと。

30号のカゴ
30号の鉄カゴ

カゴは皆さん「鉄カゴ」ってやつを使ってます。手でちょっと凹ましたりできて、アミエビの流出量を調整できるのがポイント。どれぐらい凹ますべきかってのは難しいところなので、色々やってみて下さい。アミエビの出方でも釣果が変わるみたい(私はまだわからんけど)。船宿にも置いてるし、釣具屋でも売ってます。

メクリアジのタックル(ロッドとリール)

メクリアジのタックル
メクリアジのタックル

メクリアジのタックルは、柔らかめのタチウオ用ロッドや、船ライトゲーム用ロッド、タイラバロッドなどが良いと思います(私はタイラバロッドを使ってます)。サビキ仕掛けは1.5mほどなので、取り込みを考えると2m前後の短めのロッドが扱い易いです。メバルサビキ用の長めのロッドを使っている人も見かけますが、サビキアジは柔らかくて短い竿が圧倒的にやり易いです。

小型ベイトリール
小型ベイトリール

リールは小型ベイトリールでOK。底を取るのでカウンターはあってもなくても良いです。メインPEは1号ぐらいでOK。リーダーは私は3号を1mぐらい入れてますが、PEにスナップを付けてリーダーを入れずサビキに直結の人も多いです。竿が硬めならリーダーは入れておいた方がバラしは少なくなりそうですね。フロロリーダーを使ってますが、良く伸びるナイロンのリーダーとかでも良さそうです。

釣り方のコツ

サビキ釣りは腕の差が結構出る釣りです。例えば竿頭30匹とか釣っている時に数匹しか釣れないって人も割と見かけます。誰でもできるコツの1つはサビキの交換。私も切れなければ1日通しで使っていたのですが、上手い人から教えて貰うと定期的にサビキを交換する方が良いとのこと。枝スなどに付いた海中の汚れでメクリアジが釣れない事があるみたいで、サビキを変えた途端釣れ始める事があります。今回も全然釣れない時間帯に隣のK師匠が仕掛けを変えたとたん、一人だけ釣れはじめたのを真横で見てるので実感。古いサビキは使えそうで勿体無いですが、サビキ仕掛けは交換する方が釣果につながります。

良型サバも釣れる
良型サバも釣れる

もう1つは何といっても撒き餌(アミエビ)を頻繁に入れては投入する事。たくさん釣っている人は、やっぱり頻繁に撒き餌を投入しているので、釣り終わった後に使っているアミエビの量を比べると圧倒的に多かったりします。船宿で支給される量では足りないので、沢山メクリアジを釣りたいならアミエビを追加で購入するのは絶対条件かと思います。そして、手返し良く釣りをできるかがとても重要。釣れてる時間はバタバタっと一気に釣れるので、この時間帯にいかに数を稼ぐかが釣果アップにつながります。アジの口は柔らかいのでポロリしやすいので、モタモタせずに一気に竿を使って抜きあげるぐらいがバラしにくい。大きいアジが掛かったからと慎重になってる間に大体バレるので、大胆にアジを抜きあげるのが肝だと思います。

メクリアジは旨い!
メクリアジは旨い!

アジなんて〜って思うところですが、メクリアジは想像以上に美味しいので是非釣ってみて下さい!

メクリアジ釣り

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次