和歌山のイサキ&ジャンボアジ釣りに行ってきた!仕掛けや釣り方

40cmぐらいのイサキ

和歌山日ノ岬沖のイサキシーズンが今年もやってきました。2024年は例年より海水温がまだ低いみたいで、ちょっと遅めのスタート(5月中盤からイサキが釣れ始めた)。それとイサキだけではなく、イサキのシーズンが始まる前に狙える通称「ジャンボアジ(黄金アジ)」も釣れてるってことでダブルターゲットな釣りになりました。ということで、仕掛けやタックル、実釣の様子などを紹介します。今回お世話になったのは和歌山の岬丸さん、おすすめの船宿さんです。

目次

和歌山でイサキ&ジャンボアジ釣り!

イサキと黄金アジ釣り
イサキと黄金アジ釣り

毎年5月頃から狙える和歌山のイサキ。身に脂がのっているのはもちろん、この時期は真子(卵)や白子がたっぷり入っているので毎年人気の釣り物です。サイズも基本的に良くて30cmオーバーは当たり前、40cmや時には50cmを超えるような大型イサキも釣れるのでめちゃ楽しい釣りです。そして、今年はまだジャンボアジ(黄金アジ)という40cmを超えるような巨大アジが結構釣れていて今回は両方狙えました!ラッキー。

ゆうに50cmオーバーのアジ
ゆうに50cmオーバーのアジ
つりにいく

君はハマチやろ!?っていうジャンボアジが釣れます。なかなか見ないサイズのアジです。アジングやバチコンなど色んなアジ釣りをやりますが、アジの自己最高記録を更新です。

ジャンボアジ(黄金アジ)は和歌山のイサキシーズンの少し前、3月〜4月頃に狙える40cmオーバーの巨大アジの事。体が金色に光ってるので黄金アジとも呼ばれています。脂がのっているので、めちゃ旨いです。

仕掛けやタックル

イサキ釣り(船)の仕掛け
イサキ釣り(船)の仕掛け

イサキとアジの仕掛けは基本的に同じでOK。鉄仮面と呼ばれる鉛付き餌カゴ120号とサビキ仕掛け(3本〜4本針)を使用します。鉄仮面の号数は船宿によって若干異なる場合があるので、予約時に確認しましょう。

ちなみに、私は17シーボーグ200番にPE3号200mぐらい巻いて使ってますが、大きなイサキが2匹かかると巻き上げパワーが足りなくて止まる場合があるので、ダイワなら300番以上の方がスムーズだと思います。※最近のシーボーグ200番はパワーアップしているのかもですが。

イサキ&黄金アジのタックルや仕掛け

  • ロッド:2m前後の船竿(100号が使える竿)
  • 電動リール:ダイワ:200番〜400番/シマノ:600番〜2000番ぐらい
  • ライン:PE3号〜4号を200m以上(船宿指定の場合があります)
  • 天秤:ヤマシタ 船テンビンK型など
  • クッションゴム:2mm30cm
  • イサキ用サビキ:ハヤブサやダイワのイサキ用サビキ(ハリス3号〜3.5号)
  • タモ網:2mぐらいのタモ網があると大きなアジやイサキがすくえるので安心(岬丸さんは受付で無料で貸してくれます)
つりにいく

4本針がおすすですが、潮が速かったり満船だとオマツリしちゃうので、仕掛けが若干短い3本針が良い場合もあります。状況によって使い分けましょう。船宿さんから提供される仕掛けは3本針が多いと思います。

青物がイサキやアジを喰う場合があって仕掛けが切られる事があります。それと、サビキも使っているうちに「バケ」が千切れたり汚れたりするので定期的に変更しないと釣果が落ちます。

なので仕掛けは余分に持っていくことをおすすめします!(最低5セットぐらいは持って行く方が良いかな〜)

あわせて読みたい
船イサキ釣りを始めよう!仕掛けやタックルを紹介! イサキ釣り(船)のタックルや仕掛けについて。 船のイサキ釣りのタックルや仕掛け、釣り方などについて初心者向けに紹介します。タックル以外の持っていくべき道具など...

釣り方

イサキとジャンボアジのタックル
イサキとジャンボアジの釣り方

餌カゴにアミエビを8分目ぐらい入れ、サビキの一番下の針(カラバリでもバケ付きでもOK)にLLサイズの沖アミ↓を付けると喰いが良いのでおすすめ。

挿し餌(オキアミ)
挿し餌(オキアミ)

船長の指示棚を中心に前後を探りながらイサキやアジを探します。

つりにいく

竿は手持ちでやっても良いし、竿受けに固定したままやってもOKです。手持ちでやった方がバレにくい気がしますが、鉄仮面120号(450g)と結構重たいので、体力にあったやり方で良いと思います。竿受けに置きっぱなしの方が良いよっていう船宿さんもいるので、船のスタイルに合わせると良いと思いますよ。

釣り方の流れ

  • 狙う棚まで仕掛けを落とす
  • 餌カゴからアミエビを出すために竿を2回程大きくしゃくる
  • ハンドル2回転分ぐらい仕掛けを巻き上げ、エサカゴから出たアミエビとサビキを同調させる
  • 仕掛けをステイする(待ってみてアタリが無ければ1からやり直し)
  • アタリがあったら電動リールで巻き上げる
  • 巻き上がってきたらラインを手繰り寄せて取り込み
  • サイズが大きい場合はバレ易いのでタモ網を使った方が良い

上記のような感じで、特に難しい事は無く初心者でも楽しめる釣りです。イサキは群れの上の方が大型が多いみたいなので、サイズが小さい時は少し棚をあげると良い場合があります。

つりにいく

良く釣れる棚を見つける釣りなので、周りの釣れてる人に「何メートルぐらいですか?」って聞くと良いですよ

いつも大漁です
いつも大漁です

釣果的に裏切られる事が少ないのもイサキ釣りの良いところ。ただ、帰ってきてから大変なのは言うまでも無いですが、絶品イサキとアジが食べられるので懲りずに行ってしまいます。

まさにベストシーズン到来なので、興味ある方はチャレンジしてみてください。ただ、日ノ岬沖は波が若干キツイ場合があるので、酔わないように対策はしておきましょう!

40cmぐらいのイサキ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次