良コスパから最強までエギングリールを紹介!おすすめ番手や選び方を解説

12イグジスト2508PE-DH
エギングでアオリイカ!
エギングでアオリイカ!

初めて購入する入門用エギングリールや、シマノやダイワの最新技術を搭載したハイエンドエギングリールまで、おすすめの機種を色々と紹介しています。また、エギングに最適なリールサイズ(番手)やハンドルタイプなど、エギングリールの選び方についても紹介しています。ご参考までに。

※2023年に最新版に更新しました。

目次

エギングリールの選び方

エギングリールの選び方は?
エギングリールの選び方は?

エギングは「餌木」と呼ばれるルアーを使ってアオリイカを狙う釣り方。エギングという釣法は餌木をしゃくる事で、ルアーは跳ね上げイカにアピールする釣り方で、1日中エギングロッドを上下にしゃくる割とハードな釣りなので、エギングリールやロッドなど使うタックルも出来るだけ軽量なモノが有利です。

【エギングリール選びのポイント】
・リールのサイズ(番手)
・リールの自重
・ドラグ性能
・ギア比(ハイギアやノーマルギアなど)

↓エギングの関連記事

あわせて読みたい
エギング入門!基本的なタックルや仕掛けなどを解説 エギング エギングのタックルや仕掛け、釣り方などを初心者向けに紹介しています。この記事は陸っぱりのエギングについて解説したモノです。ご参考までに! 【エギング...
あわせて読みたい
【最新】エギングロッドのおすすめ紹介!入門から最強モデルまで! 岸からの釣りで最も人気の高い釣りの1つがエギング。種類も多いので迷うところです。この記事ではエギングロッドの選び方やおすすめを紹介します。初心者向きの1本から...

リールサイズ(番手)

番手
番手

エギングリールのサイズ(番手)は2500番〜3000番が最適です。PEライン0.8号を使う場合が多く2500番を使うとちょうど150mを巻く事が可能。エギングロッドも大体2500番サイズを使う想定で開発されていると思います。

ハンドルについて

ダブルハンドル
ダブルハンドル

メーカーからエギング用として発売されているエギングリールはダブルハンドルモデルが主流。ダブルハンドルの良い点は、目で確認しなくてもハンドル位置が分かりやすいのでエギングの動作が遅れない事です。また、シングルハンドルと比べてハンドルの重さのバランスが取れているため、リーリング時の「止める」という作業が少しやり易いと思います。シングルハンドルでも問題ありませんが、どちらかというとダブルハンドルがおすすめって感じです。

ギアはどっちが良い?

左:ハイギア 右:通常ギア
左:ハイギア 右:通常ギア

リールには主に3種類のギア比があります。ハイギア、ノーマルギア、パワーギアの3種類で、ハイギアはハンドル1回転あたりの糸巻き量が長いので、ラインスラッグ(余分に出た糸)の回収や早巻に有利。エギングで使われる事はあまりないと思いますが、パワーギアはハンドル1回転あたりの糸巻き量が短い反面、ラインを巻き取る力が強いのが特徴。ゆっくり巻きたい場合や魚に負けないように力強く巻きたい場合などに有利です。ノーマルギアはその中間だと理解すればOKです。そしてエギングリールとしては、基本はハイギアかノーマルギアを選ぶと良いです。ちなみに、好みの問題になるのですが、おそらくハイギアを使っている人の方が多いと思います。

最適なラインについて

PE0.8号
PE0.8号

エギングリールにはPEライン0.8号を巻きましょう(後述しますが場合によってはもっと細いまたは太いPEを使う)。2500番サイズだとPE0.8号が150mぐらい巻けるようになっています。ちなみに、なぜPEラインを使うかというと、エギングという釣りはPEラインの浮力を上手に使って餌木を跳ねさせステイさせるという面があります。ナイロンラインは伸縮性があるのでシャクリに向かないし、フロロカーボンやエステルラインは伸びないですが、ライン自体が沈みやすいので根がかりしてしまうので使いにくいです。

それと、PEラインに餌木を直結して使うのはNGです。直結でやると根ズレして一瞬で切れてしまうと思ってください。必ずショックリーダーを結束しましょう。フロロカーボン2~3号を60cm~80cm程度付けておけば良いです。

風が強い場合は細めのPEライン(0.5号や0.6号)にすると風の影響を少し軽減できます。反対に太いPEライン(1号とか)を使ってわざと潮に流したり、潮が無い時に浮力を使って同じ場所をネチネチ攻めたりできます。なので替えスプールやリールをもう1台用意し太めPEと細めPEを状況によって使い分けると良いです。

おすすめのエギングリール【2023年最新版】

最新のおすすめエギングリールをピックアップして紹介しています。リールサイズとしては2500番もしくは3000番から選んでいます。ティップランエギングなどには、ラインキャパが多いリールの方が適していますが、陸っぱりエギングの場合は0.8号が150m巻けるサイズぐらいが使いやすいと思います。

コスパ良し!エントリーモデル

最近のエギングリールは1万円前後のエントリーモデルでも軽量で基本性能が高く、少し前までの高級品と変わらないようなスムーズな巻心地のモノも多いです。

22セフィアBB(シマノ)

18セフィアBBから4年を経てモデルチェンジされたのが「22セフィアBB」。シマノのエギングブランドである「セフィア」のエントリーモデルという位置付けになります。先行してリリースされた21セフィアXRには及ばないモノの一昔前のハイエンドリールに搭載されていたマイクロモジュールギアⅡなどの技術がふんだんに搭載されています。エギングリール用にとリッジッドサポートドラグやラピッドファイアドラグも搭載。これが1万円台前半で手に入るってのは非常にコスパが高いエギング専用リールです。これから始める人にもめちゃ良いですね。

18セフィアBB(シマノ)※廃盤

シマノから発売されているエギング専用リールの最新エントリーモデルが18セフィアBB C3000SDH。13年モデルから約5年を経てリニューアルされたモデルとなります。シマノのエギングブランド「セフィア」のテーマカラーである赤を基調としたデザインとなっています。冷間鋳造技術を用いて作られるHAGANEギアを搭載しており耐久性も抜群。セフィアシリーズの特徴であるラピッドファイアドラグという機能も受け継いでおり、瞬時にドラグ調整できるようになっています。実売1万円前半で購入できるのも魅力的ですね!

22ミラベル(シマノ)

シマノのMGLシリーズ(旧クイックレスポンス)の最も手頃なリールとして2022年に誕生したのが「22ミラベル」。シマノ独自カーボン樹脂素材CI4+をボディやローターに使いMGLシリーズの特徴である軽量さと巻き出しの軽さを実現したハイコスパなエギングリールです。エントリー向けにはもちろん、PEラインの太さ違いようのタックルとして複数台持ちもありじゃないでしょうか。実売1万円前後で手に入るおすすめのリールです。惜しむらくはダブルハンドルモデルはありません。

21ナスキー(シマノ)

2021年11月にリリースされたシマノ人気のエントリーモデル「21ナスキー」。旧モデルから5年ぶりのリニューアルです。コアプロテクト、サイレントドライブなど上位モデルにしか搭載されていなかった機能を盛り込みながらも手頃な価格は据え置かれているハイコストパフォーマンスモデルです。21ナスキーにはダブルハンドルモデルのC3000DHも用意されていますが、個人的には30g軽くてスプールが浅めの2500SHGが良いと思います。0.8号150mが丁度巻ける感じで使い易いと思います。

19エメラルダスLT(ダイワ)

ダイワのエギング専用リールのエントリーモデルが「19エメラルダスLT」。釣種専用モデルが1万円台前半で手に入るのが良いですね。見た目も良い感じです。全機種ダブルハンドルが標準装備されていますが、気になる自重は240g〜245gとそこまで重たくありません。

21フリームス(ダイワ)

↑の18フリームスから僅か3年ですが2021年5月に21フリームスがリリースされました。ザイオンVという新しいカーボンハイブリッド素材を使う事で前モデルから軽量化されています。惜しむらくは旧モデルにあったダブルハンドルモデルが現状無いので、シングルハンドルモデルからのチョイスとなります。

18フリームス(ダイワ)※廃盤

2018年最新スピニングリールの中でもエントリーモデルとして決定版では無いでしょうか。ダイワのスピニングリール自体がLT(ライト&タフ)コンセプトに大きく変わった年の第一弾として発売された渾身の1作。タフデジギア、ATDなどエギングに必要な機能も十分搭載。見た目も巻心地もかなり良い感じですよ。最新版の21フリームスにはダブルハンドルがありませんが、18年モデルには存在します。

ハイクオリティなミドルクラス

より軽量でスムーズな巻心地や耐久性を求めるなら、ミドルクラスをチョイスしましょう。2万円〜3万円台ぐらいの価格帯のモノが多いですが、このあたりになると高級感もあります。

21セフィアXR(シマノ)

前述の17セフィアCi4+の後継機がこの21セフィアXR。2021年10月に発売されたシマノのエギング専用リールのハイエンドモデルとなります。ベアリング数や使用素材などを除けば上位機種やフラッグシップモデルと変わらないスペック。さらに、そこにラピッドファイアドラグなどエギング向けの機能が盛り込まれている。

17セフィアCI4+ (シマノ)※廃盤

18セフィアBBの上位モデルとなるのが17セフィアCI4+。2012年モデルから約5年ぶりにモデルチェンジしたシマノのエギング専用リールのハイエンドモデルです。人気の16ストラディックCI4+をベースにエギング用にカスタマイズされて誕生しました。CI4製の軽量ハンドルやNEWマグナムライトローターを採用しており、最新のBBモデルと比べてもかなり軽量。ラピッドファイアドラグは勿論、リジットサポートドラグなどを搭載しており非常に高機能なドラグシステムに仕上がっています。登場初期より実売価格もかなり手頃になってきているので、コスパとしてもかなり良いのではないでしょうか。

18エメラルダスAIR(ダイワ)

エメラルダスはダイワのエギングシリーズのブランド名。2015年モデルから3年と比較的短いタイミングでLTモデルとしてリニューアルされたのが18エメラルダスAIR。2018年7月にリリースされたばかりの、まさにダイワ最新・最強のエギング専用リールです。このリールの特徴は「AIR」の名前が示すように圧倒的な軽さ。3000番で何と180g(シングルハンドルモデル)。次項で紹介予定のダイワハイエンドリール「18イグジスト」をも上回る軽量さを誇っています。また、軽量なだけではなくジュラルミン製のマシンカットタフデジギアを搭載しており耐久性も十分。現状では巻取り長が93cm/回転のエクストラハイギアモデルのみのラインナップとなっています。

最強のハイエンドモデル!

21エメラルダスエアー(ダイワ)

前述した18エメラルダスエアーが3年ぶりにモデルチェンジ、21エメラルダスエアーとして生まれ変わりました。アオリイカの目の周りのエメラルドカラーをキーカラーとしたデザインは踏襲されていますが、中身は大きく変わり「モノコックボディ」が採用されています。浅溝スプールモデルと深溝スプールモデルが用意されています。定価は5万円近いんですが、同レベルのリールと比べて実売価格が低めなので実は結構お得かもしれない。

23ヴァンキッシュ(シマノ)

出典:シマノ「23ヴァンキッシュ」
出典:シマノ「23ヴァンキッシュ」

2023年はハイエンドモデルの大本命2機種がモデルチェンジ、その1つシマノが「23ヴァンキッシュ」。超軽量&軽い巻き始めを極めたMGLシリーズの頂点に君臨するハイエンドリールです。今作は22ステラに搭載されたスローオシュレート機構が採用されており、スプールへの超密巻きによるキャスト性能や感度の向上が図られています。初期ラインナップからダブルハンドルモデルも用意されているので、エギングリールとして最強ですね。ちなみにC3000SDHHGで175gと相変わらず軽量です。

19バンキッシュ(シマノ)※廃盤

2019年に発売された19ヴァンキッシュ。シマノのクイックレスポンスシリーズの頂点にあるリールでスピニングリールの世界でも最軽量の部類になります。ただ自重が軽いだけではなく、巻き出しの軽さやドラグのスムーズさなど、どれをとっても一級品でライトゲームやエギングなどに特に人気が高いです。エギング用にダブルハンドルモデルもあり〼。

23エアリティ(ダイワ)

そして本命馬のもう1つが「23エアリティ」。前作の21ルビアスエアリティの位置付けを踏襲しバージョンアップした2023年時点でのダイワ最軽量リールとして誕生しました。個人的には21ルビアスエアリティは名前がやや超しいと感じていたので往年の「エアリティ」という名称のみで復活させたのは良かったのでは無いかと思います。エギングリールの番手「LT2500S-DH」で165gと超軽量。前述の23ヴァンキッシュと悩むところですね・・・。

21ルビアスエアリティ(ダイワ)※廃盤

恐らくですが、19ヴァンキッシュの対抗馬として登場したのが21ルビアスエアリティ。人気の汎用リール「ルビアス」と同じ様な名前ですが中身は全く違うリールになっています。最大の特徴はフルメタル(マグネシウム)のモノコックボディで、軽量さだけでなく剛性も同時に担保している点。メタルボディなのにLT2500番でわずか170gとかなり軽い自重となっています。

22イグジスト(ダイワ)

22イグジスト
22イグジスト

ダイワのフラッグシップリールが4年ぶりにモデルチェンジし「22イグジスト」として進化。前作のようにモノコックボディ化などの大きな変化は無いが、エアドライブデザインとして各部をブラッシュアップし高性能。さらに業界初の試みであるオーナーシップ制度と呼ばれる匠によるメンテナンス権利などのサービスが開始されました。良いモノを大切に使っていくという当たり前だけども改めて考えさせられるリールです。

18イグジスト(ダイワ)※廃盤

05年、12年、15年と初登場から13年目となる2018年、ダイワ60周年ということもあるのか、LTコンセプトとして大きな変貌を遂げた「18イグジスト」。ダイワの最新・最強スピニングリールとして、ボディやローター、スプールなど数多くのパーツが1から見直されて作り上げられています。前作の15イグジストからデザインは大きく変わりましたが、シンプルながらウチに秘める強さや質の良さがにじみ出てくるような高級感あふれる佇まいです。大きな特徴としては、16セルテートの大型番手に採用されていた「モノコックボディ」を採用していること。それにより大きなギア空間を得る事ができたため、従来のドライブギアよりも更に強化されたマシンカットタフデジギアが採用されボディもギアもより高耐久になっています。勿論、自重も軽量。ってことで、やはり右に出るリールは少ないということですね。

22ステラ(シマノ)

22ステラ
22ステラ

こちらも4年ぶりのモデルチェンジ。22ステラとして進化しました。18年モデルは熟成がテーマで各部のブラッシュアップが中心という印象でしたが、今作はスローオシュレート機構によるスプールへの蜜巻きなど、リールとしての基本機能が進化。キャスト性能や感度などが向上しています。

18ステラ(シマノ)※廃盤

甲乙付けがたい最強スピニングリールの1つがシマノ18ステラ。14年モデルから4年を経てのリニューアル。先程、紹介した18イグジストがパーツから見直し大きく変化させた事に対し、18ステラはある意味、対極を成すバージョンアップとも言える「成熟を極める」をコンセプトにし、現状を磨きに磨くということに主眼をおいたモデルチェンジとなりました。ただ、デザインとしては少し似通った部分もあるようで、シルバーをベースに前作と比べて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。18ステラは、ハイギアタイプのみですが、ダブルハンドルモデルも用意されています。

お気に入りのエギングリールを見つけよう!

2.95kgのアオリイカ
2.95kgのアオリイカ

最近は1万円ぐらいの手頃なリールも本当に高性能で良いですよ!もちろんずっとエギングをやっていると、良いものがどんどん欲しくなってきますけどね〜。お気に入りのエギングリールを見つけてエギングを楽しみましょう!

↓エギングに関する記事

あわせて読みたい
エギング入門!基本的なタックルや仕掛けなどを解説 エギング エギングのタックルや仕掛け、釣り方などを初心者向けに紹介しています。この記事は陸っぱりのエギングについて解説したモノです。ご参考までに! 【エギング...
あわせて読みたい
【最新】エギングロッドのおすすめ紹介!入門から最強モデルまで! 岸からの釣りで最も人気の高い釣りの1つがエギング。種類も多いので迷うところです。この記事ではエギングロッドの選び方やおすすめを紹介します。初心者向きの1本から...
12イグジスト2508PE-DH

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次